いちご電車(ドーンデザインの車両)

ビビッドな楽しい色使いと木目がふんだんに使われている内装がなつかしくて新しい和歌山電鉄の車両


画像



ご存知の通り
南海貴志川線が廃線から一転、和歌山電鉄となり、
ドーンデザインがリニューアルを手がけた電車である。

実際に乗ったのはこれが最初。
カラフルなシートや天然素材を多用したインテリアは 楽しく
親子連れが多く乗っていた。わざわざ この電車に乗りに来たのであろう。

私もわざわざこれに乗るため、伊太木曽駅の駐車場に車を止め 貴志駅まで乗った。
伊太木曽駅はこの電車のBトレイン、いちご電車のドロップあめ 缶バッジなどが売られていた。
また なつかしい鉄道模型が展示されていたりした。

なかなか楽しい駅だった。



画像





で いちご電車のインテリアで オヤ!と思ったのは・・・


画像





ブラインドもい草調という、ひと手間かかった内装である。



画像




私の好きなドーンデザインの車両
何度かに分けて書いていきたい。


そうそう この前 旭屋書店で カラー版 電車のデザイン 水戸岡鋭治 著(中央公論新社)を
買って一気に読んでしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

gop
2010年05月28日 06:01
大抵の地方鉄道は生き残りに必死ですね。
RAILWAYS、明日から公開の様で。
http://www.railways-movie.jp/
しゅう
2010年05月30日 14:14
>gopさん
RAILWAYS なかなか期待できそうな映画ですね。別に鉄道マニアでなくても楽しめそうな内容なところが良いです。
結構 鉄道が好きな人って裾野が広いのかも

この記事へのトラックバック