或る家のビートル

これは 町並みを散策していて見つけた
ワーゲン・ビートル(ピカピカです)


画像




門扉がわりの竹垣のつい立てが なかなかシャレている。
ドイツ車と和風の意外な?コラボレーションである。

ビートルって たしかフェデルナント・ポルシェ博士が設計・デザインした(はず)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2011年09月11日 00:35
ピカピカにされている旧車。
オーナーのこだわりが伝わって来そうですね
2011年09月11日 00:45
子供の頃、ビートルを1日に3台見たら
いいことがある、って言われて、
友達と競ってビートルを探していたことを
思い出しました。

ガレージに屋根がないのが、またオシャレな
感じだけど・・・サビ大丈夫かしら。
しゅう
2011年09月11日 21:14
GAKUさん
ここのオーナーはこだわっていそうですね。
クルマもそうですが、駐車スペースの空間が絵になっています。

とういさん
ありましたね。赤いビートル一日3回見たら幸せになる

ということは、ビートルのオーナーは毎日幸せなのでしょうか。昔は結構 ビートル走っていましたものね。

サビは・・・たぶんビートルはメキシコ製含め、長期生産していたのでパーツもあるでしょうし、大丈夫だと思いますよ。

gopさん
いつも貴重なコメントありがとうございます。PORSCHE type60の写真見ました。垢ぬけない顔立ちがユーモラス。宇宙人みたいですね。

この記事へのトラックバック