電車の117

これは 今は郊外路線で余生を送っている。
元、新快速 シティーライナー 117系電車である。
国鉄時代の1980年登場

画像


いまは阪和線日根野 - 和歌山間、紀勢本線(きのくに線)和歌山 - 紀伊田辺間 和歌山線で走っている。
開発当時は特急用の足回りを組みこんだり、気合の入った電車だった。
2扉で、ラッシュに使いづらく 比較的早く地方線区に回されることとなった。

しかし 乗り心地はいい。


解説

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84117%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A


今も主力の113系


画像


これは室内のシートや内装をリフォームした車両。


これが原色 私は好きだけど国鉄時代そのままの内装


画像



それでも今でもまだ生き残る113系 使い勝手がすごくいいのだろう。
クルマに例えれば クーペとセダンみたいな違いだろう。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

しゅう
2011年09月14日 23:51
gopさん
中京圏はオリジナルカラーが元気に走っていますね。
あと 補足としては山陽線の岡山から西もSUNライナーとして走っています。

中京圏はどんどん新車が投入されていっているので
そのなかで 少しでも長生きしてほしいものです。

この記事へのトラックバック