走り続ける毎日・・・

画像

いまも忘れられないPIA
この写真も 撮った時のことをすっかり忘れている。
いま見ても、丸目4灯のこのレトロな顔にそそられる・・

もう平成が終わろうとしている今、丸目4灯のクルマってなくなってしまった。

話変わって 毎日はものすごく忙しく、仕事をさばいているという印象だ。

そしてまた、日々 勉強である。
いまは建築の知識から派生した 構造力学の勉強にいそしんでいる。

趣味のクルマも持ちたいが たぶん 子供が大きくなるまで無理かもという気持ちが芽生える。
それを思うと

クルマのミーティングで出会った、数多いお父さんたち 子供や奥さんと一緒に来られていたお父さんたち
よく、子供を育てながら 車の趣味を続けていけたものだ・・

時間 お金 場所 エネルギー けっこう費やすものが多い。
また、ちゃんと後ろに人が乗れるクーペならまだしも、このPIAはちょっとしんどい。
リアシートは、赤ちゃんでもしんどいかも・・ 頭の上せまいし

そう思うと、117や初代PIAって 実用性もマルなのかもしれない。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

gop
2017年03月11日 08:50
私の周りでは趣味車を手放された方も多いですよ、普通学校に通う子供がいたら複数維持は難しいと思います(資産家なら別ですけど)趣味車を謳歌されているのは独身者、もしくはリタイアされた方が多いですね(^^
しゅう
2017年03月11日 20:07
gopさん 更新ペースが本当にゆっくりなのにコメントありがとうございます。たしかに 普通の会社員の収入では趣味のクルマは独身でもないかぎりしんどいと思います。
いすゞミーティングでは、ものすごい資産家の方もお目にかかりました。リタイア後も、情熱を維持し続けたいと思いますね

この記事へのトラックバック