セキスイハイム M3の考察 7

集合住宅に使われるハイムM3の例。これはワンルームアパート(?)と思しきハイムM3の物件です。


画像



ハイムM3は、戸建て住宅だけでなく、集合住宅も同じようなデザイン、部材で建てられています。
推察ですが・・このことからハイムM3は元から かなりの耐火性能を持っているのではないかと思われます。
といっても 柱・梁などの構造体は軽量鉄骨なので 鉄筋コンクリート造と違い この基本の構造体自体は不燃ではないので、外壁、内壁で耐火性能をもたせることになりますが・・・

写真のように共同住宅の場合、特殊建築物の扱いになり 耐火基準が一般住宅と比べ、かなりハードルが高くなります。

また、共同住宅の場合 界壁(戸境壁)の遮音性能が高く求められます。このあたりも純粋な戸建て住宅に比べたら高い水準にあるのではないかと思われます。

ハイムの中古住宅 普通に古い木造1戸建てと同じ条件で売られていたとすると それって意外と穴場なのかも?と思う一面でした。


追記 ハイムM3の集合住宅 また発見しました。


画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック