旧八幡郵便局

DSC_0264.JPG

外観
DSC_0265.JPG

DSC_0266 - コピー.JPG


内部
DSC_0269.JPG


DSC_0271.JPG


1921(大正10)年に建てられた旧郵便局舎。
戦前のこの時代ながら、トップライトもあり内部は明るい。
DSC_0270.JPG


奥には庭がある。井戸とトイレも屋外。この時代ならでは
DSC_0273.JPG

DSC_0272.JPG


2F
DSC_0275.JPG


DSC_0276.JPG

DSC_0274.JPG

DSC_0278.JPG

DSC_0284.JPG

DSC_0279.JPG

トップライト2Fより見る
DSC_0283.JPG

屋根は瓦屋根。和洋折衷である。
DSC_0282.JPG

DSC_0280.JPG

DSC_0281.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

gop
2019年11月06日 12:43
時代劇の町並からヴォーリズまで、見所満載の街ですね。
横道に入ったらモダンな丸窓のある古い理髪店がありました、今も有るのかな。
名物の赤蒟蒻は食べましたか?
しゅう
2019年11月06日 19:00
見ごたえ抜群の街並みでした。
古い理髪店・・はわかりませんでしたが、池田町洋風住宅街というのがあります。なかにはヴォーリズっぽい屋根もありましたが 個人住宅で現在も住んでいそうなので撮影は控えました。
名物の赤蒟蒻は残念ながら食べませんでしたが、近江牛入りのコロッケは食べましたよ。