錆びた琺瑯看板

近江八幡で見つけた、錆び錆びになった琺瑯看板

DSC_0305.JPG

かろうじて字が読める。

しかし こんなになってまで残っている看板もすごい。

旧八幡郵便局

DSC_0264.JPG

外観
DSC_0265.JPG

DSC_0266 - コピー.JPG


内部
DSC_0269.JPG


DSC_0271.JPG


1921(大正10)年に建てられた旧郵便局舎。
戦前のこの時代ながら、トップライトもあり内部は明るい。
DSC_0270.JPG


奥には庭がある。井戸とトイレも屋外。この時代ならでは
DSC_0273.JPG

DSC_0272.JPG


2F
DSC_0275.JPG


DSC_0276.JPG

DSC_0274.JPG

DSC_0278.JPG

DSC_0284.JPG

DSC_0279.JPG

トップライト2Fより見る
DSC_0283.JPG

屋根は瓦屋根。和洋折衷である。
DSC_0282.JPG

DSC_0280.JPG

DSC_0281.JPG

一柳記念館(ヴォーリズ記念館)

近江八幡に観光に行っていきました。いちばんの目的は もちろん現存するヴォーリズの建築
DSC_0261.JPG


銘板の記載
DSC_0262.JPG


門扉も味わい深い。どことなく駒井卓邸と似ている?
DSC_0263.JPG


Wikiより転載
ヴォーリズ記念館(ヴォーリズきねんかん)は、滋賀県近江八幡市にある博物館。 正式名称は、一柳記念館(ひとつやなぎきねんかん)。
ウィリアム・メレル・ヴォーリズによって清友園幼稚園の教師寄宿舎として設計され、1931年の竣工時からヴォーリズの自邸として使用された建物をヴォーリズの記念館として活用したもの。館内にはヴォーリズが来日時に持参したピアノなどの遺品や資料が展示されている。館長は藤田宗太郎。運営は公益財団法人近江兄弟社。

和洋折衷の様式に特徴がある。瓦や入母屋造りなど日本の建築様式も意欲的に取り入れられている。