テーマ:愛車

令和初のブログ

2001年のミーテングにて。 この時も楽しく JT乗りの方々とおしゃべりをした。 さて 令和時代にJT221はどれだけ残っているのだろうか・・?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またPIAに恋してる・・・

昔の愛車が、夢に出てくる という経験はあるだろうか。 もうこのPIAは しょっちゅう出てくる。 そのたびに ハンドルを握ったり、洗車しているのだ。 ハンドルを握った感触も、夢の中でもリアルに出てくる。 ナンバープレートのブラケットを自作して、見栄えを変えてみたりとか。 ビフォー アフタ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

淡路夢舞台(いすゞ車ミーティングの記録)

これは今からちょうど10年前、2007年2月に117クーペオーナーで設計事務所主宰のjamayanさんが企画したミーティング。行先は淡路島の淡路夢舞台。安藤忠雄氏が設計した建築だった。 全景は 公式ホームページにて 以下 気になったカットにて撮影 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なつかしの JT0/1ミーティング

いまから約20年前になるが、関東で いすゞ車のJT190、JT191、JT221など 型式番号の末尾に0や1の付く車のミーティングが行われた。場所は失念したが、この時会場に JT1系のナチュラル4WSサスペンション「ニシボリックサスペンション」を開発した 西堀氏がゲストとして招待されていた。 場所は失念。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Asso di fiori(アッソ・ディ・フィオーリ)

2001年 いまからもう17年にもなりますが、いすゞオーナーズミーティングで JRピアッツァのプロトタイプモデル(モーターショー出品車)の Asso di fioriが復原されて展示されました。 全体に、量産車ピアッツァと比べると 丸みを帯びたプロポーショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつのまにか11月

ひさびさに わがPIAを・・ こうしてみると 私の人生にすごい影響を与えてくれたクルマなんだなと思う。 このクルマの外観をデザインした Oさん、インテリアをデザインした Nさん 2人とも 実際お会いしたけれども やりがいを どれだけお持ちだったのだろう と いま思う。 私は 「レトロクーペ」という観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

充実とは・・・

いまは充実しているといえば、している。。 仕事といえばそうだが、それ以外にも 父親としての役割にも・・・ このピアをいじっていた時も それなりに充実していたけど いまは、日々が猛烈に忙しい。だけど無駄な忙しさではないと思う。 世間的な評価はさておいて 自分をこんなにも、クルマというものに入れ込ませて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

走り続ける毎日・・・

いまも忘れられないPIA この写真も 撮った時のことをすっかり忘れている。 いま見ても、丸目4灯のこのレトロな顔にそそられる・・ もう平成が終わろうとしている今、丸目4灯のクルマってなくなってしまった。 話変わって 毎日はものすごく忙しく、仕事をさばいているという印象だ。 そしてまた、日々 勉強である。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

成人式も過ぎ・・・

仕事が猛烈に忙しい。 また責任が重く、食事が細くなる日々・・・ このピアをかわいがっていた日々がちょっと懐かしい。 こんなにも 車をかわいがってあげられる 時間があったんだなと・・ そして クーペ それは家族ができると手放す運命の車・・・ あながち 当たっていたかも。。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます。 いまは仕事、子育て、そして資格試験に忙しい日々ですが ぼちぼち 更新したいと思います。 また昔の写真ですが・・・ 今見ると のどかな風景に思います。この頃はそんなのどかだとは思いませんでしたが
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

かつての看板

昔 いすゞの看板が 全国あちこちに見かけました そのころの写真 もう今は ここの看板も台風でやられ、現存はしていませんが ここのご主人さん、いすゞの車を持っていくと 「修理はしますよ」 そのころ とある地区のディーラーでは乗用車が門前払いだった時期なこともあり うれしく 頼もしい言葉に聞こえました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノを創ることの難しさ

世の中にある工業製品・・ 気に入って あるいは必要に迫られて買って、使って 寿命を終えてリサイクルされていくこれらのモノたちにも ちゃんと 作った人の情熱が多かれ少なかれこもっている・・と思う。。 僕は今 作り手の立場にいる。 自分の開発する商品は なかなか スケジュール通り進めたいけど 進めない。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あけましておめでとうございます

今年も よろしくお願いいたします。 ちょっと 愛車だったPIAのブログ写真を 紡いでみたくなりました。 過去を振り返るだけでなく いままで自分の礎となってきたものを 再確認する意味で・・・。 かつて一度 いろいろ考えたころ・・ このころ この車が好きです…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

PIAのプラグコード

1998年 PIAを買って初めてチューンナップしたのがコレ 点火プラグコードを 永井電子製のウルトラパワーコードに換えた。 永井電子 http://www.nagaidenshi.co.jp/PLUG/silicon.shtml でもって 当然この車種の設定なんて無かったので 純正の…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

忙しい毎日・・

最近、仕事に追われていてブログの更新もままならず・・・ 今日はうっかりビールを飲んでしまって ブログを更新したい気分になった。こんな気持ちで書くのって駄目だなぁと思いつつ・・ レトロクーペ・・の頃も そんなほろ酔い気分で書いていた日も多い・・。 今は これは昔(2003年)馬路村に魚梁瀬森林鉄道の保存し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ピアッツァのヘッドライト

ピアッツァは(初代もそうだが)セミリトラクタブルライトを装備していた。 70~80年代の車にはしばし見られたが 90年代生まれのこの車にも付いていた(古いモノ好きにはたまらない・・だろうか) アルファロメオ モントリオールみたいな(ちょっとだけ)お目目だったと思う。 それが ライトオンしたとたん エグい表情となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2代目ピアッツァへの情熱・・

そう この愛車を購入したのは 1998年 いすゞが乗用車から撤退して5年経った頃くらいだった。 その頃は まだ足車として ジェミニやピアッツァ、ファーゴなどが売られていた。 この車は ドライブ行ったあちこちで写真を撮りまくった。 最初の頃は ネガフィルムで、そしてデジカメ買ったあとはデジタルで・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の愛車だった いすゞ2代目ピアッツァ

昔 私が愛して止まなかった 2代目ピアッツァ これは 冬の温泉地で撮ったものだったが 1台の車を愛している時は、その愛するエネルギーも ヤマありタニありという感じで・・・ それでも 好きで好きでたまらなかった。 今は生活の状況が変わって 持つことはできないけども・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

美しき五月のパリ ~ 加藤登紀子

歌い出しがフランス語で始まるこの歌・・・ 同じく 父のカセットテープに収まっていました。 背景に 学生運動があるのだろうか・・・と思います。 これは レトロなセピア調に加工した元愛車 PIA・・・ 今も元気に走っていることだと思う。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

突然・・・

旧「レトロクーペ いすゞ2代目ピアッツァ」の管理人です。 このたびは突然 事情によりブログを閉鎖することとなりました。 多くの方にご心配おかけしましたことを 心からお詫び申し上げます。 しばらくは更新できませんが、また落ち着いたら書き始めていきたいと思います。 よろしくお願いいたします。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more