テーマ:

なつかしの JT0/1ミーティング

いまから約20年前になるが、関東で いすゞ車のJT190、JT191、JT221など 型式番号の末尾に0や1の付く車のミーティングが行われた。場所は失念したが、この時会場に JT1系のナチュラル4WSサスペンション「ニシボリックサスペンション」を開発した 西堀氏がゲストとして招待されていた。 場所は失念。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

神戸居留地15番街

神戸市立博物館に隣接するこの建物。ボストン展(ボストン美術館所蔵品展覧会)を見に行ったとき、目に留まり 心に刺さった建物である。 説明文(ウィキペディアより) 旧居留地十五番館(きゅうきょりゅうちじゅうごばんかん)は、兵庫県神戸市中央区の旧居留地にある西洋館。旧アメリカ合衆国領事館。 旧居留…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

或る私鉄・・・

ありし日の琴電瓦町駅 当時は ごく普通の光景だった。 いまはもう見られないが、これでも21世紀の光景であった。 吊り掛けのモーター音を聞くと ほんの近所なのに はるか遠い遠いところへ 旅に来たような錯覚だった。 今となっては遠い情景。 でも今のほうが 便利はいいかもしれない。 ちゃんと冷房は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和歌山電鉄貴志駅

リニューアルされて ひさびさに訪問してみました。 駅そのものは無人駅ですが、有名なネコのたま駅長がいたり 駅構内にカフェが併設されていたり、活気があふれていました。 駅舎は細かいところまで アソビ心がある駅でした。 カフェの照明とか た…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

電車の117

これは 今は郊外路線で余生を送っている。 元、新快速 シティーライナー 117系電車である。 国鉄時代の1980年登場 いまは阪和線日根野 - 和歌山間、紀勢本線(きのくに線)和歌山 - 紀伊田辺間 和歌山線で走っている。 開発当時は特急用の足回りを組みこんだり、気合の入った電車だった。 2扉で、ラッシュに使いづら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

或る家のビートル

これは 町並みを散策していて見つけた ワーゲン・ビートル(ピカピカです) 門扉がわりの竹垣のつい立てが なかなかシャレている。 ドイツ車と和風の意外な?コラボレーションである。 ビートルって たしかフェデルナント・ポルシェ博士が設計・デザインした(はず)。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

懐かCM  国鉄 他

これまた 私が幼少~小学生の頃のCMです。 今見ても、歌も映像も魅力的・・ 最初の寝台特急の映像が今もかすかに覚えています・・。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都のマイクロバス

これは京都の路上で見かけた VWマイクロバス 車で商売する人たちには人気です。。 最近は京都の街を歩き、写真を撮ったり 今の仕事に役立ちそうなネタ集めをしています。 でも やはり目にいくのはクルマが多くて・・・ なーんにも考えない強さ パオ。 このパオ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

忙しい毎日・・

最近、仕事に追われていてブログの更新もままならず・・・ 今日はうっかりビールを飲んでしまって ブログを更新したい気分になった。こんな気持ちで書くのって駄目だなぁと思いつつ・・ レトロクーペ・・の頃も そんなほろ酔い気分で書いていた日も多い・・。 今は これは昔(2003年)馬路村に魚梁瀬森林鉄道の保存し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

いちご電車(ドーンデザインの車両)

ビビッドな楽しい色使いと木目がふんだんに使われている内装がなつかしくて新しい和歌山電鉄の車両 ご存知の通り 南海貴志川線が廃線から一転、和歌山電鉄となり、 ドーンデザインがリニューアルを手がけた電車である。 実際に乗ったのはこれが最初。 カラフルなシートや天然素材を多用したインテリアは 楽しく 親子連…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有田川鉄道公園 その保存車両

川沿いの遊歩道から旧金屋口駅の方向に向かっていくと 興味深い保存車両があった。 ディーゼル機関車1輌(DB20) 気動車1輌(キハ605) 木造貨車(旧蒲原鉄道?) 旧金屋口駅舎 今にも列車が入線しそうな雰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more