有田川鉄道公園 その保存車両

川沿いの遊歩道から旧金屋口駅の方向に向かっていくと
興味深い保存車両があった。


画像



ディーゼル機関車1輌(DB20)





画像



気動車1輌(キハ605)




画像



木造貨車(旧蒲原鉄道?)





画像




旧金屋口駅舎

今にも列車が入線しそうな雰囲気だ。


この駅に隣接し、バス、タクシーの車庫がある。

また 駅前のスーパー オークワは閉店している様子であった。



この近辺には温泉も点在し、そのうちのひとつ




画像





画像




かなや明恵峡温泉に入ってきた。
なかなか いいお湯だった。


この鉄道公園
鉄道ホビダス 編集長敬白にも掲載があった。

http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2010/03/post_1230.html

有田川鉄道交流館

かつて 紀勢本線の藤並駅から 有田鉄道が走っていた。
その終点の金屋口駅の跡地にオープンした
有田川鉄道交流館
に行ってきました。

もと富士急のキハ58両運転台タイプがキレイにレストアされて走っている。



画像




Wikpediaより~
富士急行のキハ58 [編集]

キハ58003
2002年1962年から富士急行線の起点大月から中央本線の急行「アルプス」に併結して新宿まで乗り入れる急行「かわぐち」が運行を開始した。

「かわぐち」用の車両は、運行区間の富士急行線内および中央本線の大月 - 新宿間は電化路線であるため電車を用いることができるが、併結する急行「アルプス」が非電化路線[35]を走行するためキハ58系等の気動車で運転されることから、富士急行でも1961年と1963年に計3両のキハ58を自社発注した[36]。

中央線および富士急行線は急勾配路線であるために全車が2エンジン仕様で形式はすべてキハ58であるが、その表記は国鉄の旧形電車のような5桁数字となり、58001 - 58003とされた。001・002は国鉄のキハ58オリジナル車と全く同一の片運転台車で、背中合わせに2両編成を組んだが、予備車兼用の003は001・002のいずれとも連結可能なように便所・洗面所省略の両運転台仕様で製造された。58003の増設側運転台寄り戸袋窓は、客室窓そのままのサイズの広幅・大型なのが特徴である。

1975年に富士急行線直通の「かわぐち」は電車化される形で「アルプス」に統合され、富士急行のキハ58は運用を失った。このため3両は有田鉄道に譲渡され、同社のキハ07形を置き換えた。なお、入線の際には有田鉄道線が全線で平坦であるため、全車がエンジン1台を撤去している。また、001・002は便所・洗面所も撤去している。

長らく有田鉄道での運用が続いたが、利用客の減少が続いた後年にはもっぱら両運転台・単行運転可能な003のみで運用を賄うことになった。これにより001・002は徐々に稼動する機会を失い、早期に廃車となった。後に樽見鉄道からレールバスのハイモ180が入線してからは予備車の扱いとなったが、同鉄道の廃止まで在籍した。

で これがその003号機である。

残念ながら 走行中は列車の中には入れない。。


他には、こんな車両も・・



画像



D51 藤並駅前に展示してあったもの




画像




ハイモ180



そのほかにも 裏手にはいろいろ車両が・・



続きは次回。


ps

ここは 鉄道アイドル 木村裕子チャンも来ていた。

ちゃんとサインも飾ってありました。

ピアッツァのヘッドライト

ピアッツァは(初代もそうだが)セミリトラクタブルライトを装備していた。
70~80年代の車にはしばし見られたが 90年代生まれのこの車にも付いていた(古いモノ好きにはたまらない・・だろうか) アルファロメオ モントリオールみたいな(ちょっとだけ)お目目だったと思う。


それが ライトオンしたとたん エグい表情となる。


画像




この時は昔の刑事ドラマのように ハイビームにして4灯全部点灯、しかもドアを広げて撮ってみました。
この頃のことが今もいろいろ思い出されます。

ゴダイゴ - PORTOPIA(ポートピア)

今 上海万博が開催されている。

1970の大阪万博
(1970年の こんにちは~って三波春夫がうたっていました)を知らない
私にとって もっとも万博らしかった万博が
ポートピア'81だった。

UCCコーヒー館とか なつかしい・・・
そして パンダがすごい行列だった。
SLも走っていた。
TVに絵が描けて 感動!した
(今じゃ仕事でイヤでもモニター相手にマウスパッドで絵やCAD図面を描いているが
当時はまだまだ手書きや、図面はドラフターが当たり前の時代だった)

そして 今も活躍するポートライナーがすごい新鮮だった。

あと 3D映像も・・

そして万博のテーマ曲は
この曲だった。




今は作曲家として活躍されているタケカワユキヒデさんが
ボーカルだった ゴダイゴの曲であった。

アメリカと そしてインドをモチーフとすることが多かった
ゴダイゴの佳作だったと思う。


さて 上海のテーマ曲は30年後、人々にどんな印象を残すのか・・?

2代目ピアッツァへの情熱・・

そう この愛車を購入したのは 1998年
いすゞが乗用車から撤退して5年経った頃くらいだった。
その頃は まだ足車として
ジェミニやピアッツァ、ファーゴなどが売られていた。


画像



この車は ドライブ行ったあちこちで写真を撮りまくった。
最初の頃は ネガフィルムで、そしてデジカメ買ったあとはデジタルで・・


そして 買った頃は このHPの方にずいぶんお世話になった。

そして ずいぶんいじった。

おそらく、僕の人生の中で 20代の情熱を注ぎこめた大切な車だったのだと思う。

すこし いすゞのコンセプトカーに似ているような気がしませんか?

何かしらの影響は受けているんだろうな とは思うのですが。。

私の愛車だった いすゞ2代目ピアッツァ

昔 私が愛して止まなかった 2代目ピアッツァ


画像




これは 冬の温泉地で撮ったものだったが
1台の車を愛している時は、その愛するエネルギーも
ヤマありタニありという感じで・・・


それでも 好きで好きでたまらなかった。
今は生活の状況が変わって 持つことはできないけども・・



画像




顔も「赤おに」という感じで・・・
イカツイ いすゞ乗用車の鬼っ子だった らしい
それでも 僕にとっては愛してやまないクーペだった。

話はそれるが 赤おに なんていうと
漫画家の山根あかおに あおおに兄弟を思い出す。



今はこのクーペ 石川県で元気に走っていることと思う。
次のオーナーも 昔の僕みたいにPIAを愛し、PIAをいじっている。。



画像





ど~こまでも どこ~までも♪

♪は~しれはしれ いすゞのピアッツァ♪





画像





い~つまでも どこまでも・・・・♪

1970 国鉄 DISCOVER JAPAN

昔の国鉄のCM・・・

と探してみました。なんとなく

まだ蒸気機関車が走っていた時代のCMです。

駅舎や腕木式信号機、車内の椅子など
僕の世代にも懐かしいです。




でも この時代の女の人
今の時代にも負けないくらい
長いまつ毛にしていたのですね。
今はカールしてマスカラ塗りですが
この時代は・・つけまつ毛?

この空を飛べたら・・・加藤登紀子

これも 僕の幼少時を思い起こす曲・・・
曲書いたのは 中島みゆきさんなんですね。

大学時代 みゆきさんのラジオ番組
「お時間拝借」よく聞いていたなぁ
すっごい明るい人だった ラジオの中では・・。




メロディが物悲しく また 時代を反映している

のかも?

資生堂 水・金・地・火・木・土・天・冥海

僕はオトコなんだけど
女性のケークパレットとか
コスメティックのデザインに 心惹かれてしまう。



このCMのコスメパレットなんて
なんだかクルマのタコメータみたいで 面白い。

CMのユーミンの声も 凄く若い。

資生堂のCMにも 昔から心惹かれるものが多かった。
といいつつも・・・
男性向けのアウスレーゼは あまり使っていない・・。

猛烈ダッシュ

そして、これは私が生まれる前の時代のCM
今見ても Oh モーレツ(ア太郎)



たぶん100ダッシュって 有鉛ハイオクだったのだろうなぁ・・?

出演していたのは小川ローサさん

その数十年後 よく似た名前の加藤ローサに
Fanに・・・

美しき五月のパリ ~ 加藤登紀子

歌い出しがフランス語で始まるこの歌・・・



同じく 父のカセットテープに収まっていました。

背景に 学生運動があるのだろうか・・・と思います。



画像



これは レトロなセピア調に加工した元愛車 PIA・・・
今も元気に走っていることだと思う。

少年は街を出る/加藤登紀子

昔、父がよく聞いていた加藤登紀子の曲



カセットテープで聞きなおしてみて
僕が好きなのが この曲です。

僕が生まれる前に発表された曲だけど
幼心に刻まれている曲です。


画像



もうすぐ春・・・。

ひさびさのお休み・・

今日は一日 雨・・・
なのでいろいろインターネットの手続きを行っていました。

仕事にうち込んでいて ここ数日 じっくりとやすらぐ暇もなかった。

・・いったい やすらぎって どんなところで感じるのだろう。

今の住まいはワンルーム。
ここはここで部屋が新しいし、快適なのだが
庭の緑が無いので 何もせずぼーっとしていても
なんかむなしい。




以前はここに住んでいた。


画像




鳥の声ややわらかい日差し
部屋を通り抜ける風

ただ居るだけで こころを癒してくれる場所である。

今は(以前の住まいと比べると)都会に近いこともあり
この場所でこのような住まいを望むのはゼイタクだが

衣・食だけでなく 住空間にも豊かさは必要だ
疲れた心と体をリフレッシュさせるところだから。



いすゞ ジェミニCM-ポワント編-

これもJTジェミニのチカラ入ったCM



CMもいいし 車も今は好き。
が・・ 昔 10代のころは
セダンはトランクが短すぎてバランス悪いなぁ
と思っていた。

私は大学は美大だったのだが、当時の学内では
いすゞ車の人気がすごい高く、このジェミニが
数多く学内の駐車場で見られた。
当時はいすゞがまだ乗用車を作っていた時代だが
学生がバイトして買うにはちょっと高かった車だったような気が・・・。

いすゞ ジェミニのCM・・・

新装開店!しても一回載せます。
レトロクーペ・・・の時代に一回掲載しましたが・・

このCMは大好き ジェミニが輝いていた頃のCF



音楽がまた マル!です

いすゞ ピアッツァ

いすゞ ピアッツァ(初代)のCM・・



上品なサルーン というイメージで作られたCMという感じです。
クーペというより 高級セダンのCMみたい。。

突然・・・

旧「レトロクーペ いすゞ2代目ピアッツァ」の管理人です。

このたびは突然 事情によりブログを閉鎖することとなりました。
多くの方にご心配おかけしましたことを 心からお詫び申し上げます。

しばらくは更新できませんが、また落ち着いたら書き始めていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。